« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月25日 (金)

【アートレビュー】プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影

40年ぶりに日本で公開されている「着衣のマハ」は、先日の「美の巨人たち」でも紹介されていました。40年前はセットで公開された「裸のマハ」は、残念ながら観ることはできません。とはいえ、震災以降は展覧会の中止も少なくなかったことを思えば、スペイン政府とプラド美術館に感謝です。とにかく、国立西洋美術館で開催中の「プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影」へ。

Pic_01

西洋絵画は、宗教や神話に関する寓意を理解していないと楽しめないところがあります。マハも元々はビィーナスと呼ばれていたそうなので、何らかの背景があるのかもしれません。でも、そんなことを超越するようなマハの視線を感じました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

【アートレビュー】法然と親鸞 ゆかりの名宝

昨日、東京国立博物館での「法然と親鸞 ゆかりの名宝」に行ってきました。土砂降りだというのに、結構な人出でした。

C11012m

今年は法然没後800回忌、 親鸞没後750回忌ということで多くのイベントが企画されていますが、法然と親鸞ゆかりの名宝を一堂に集めた今回の展覧会は貴重なものといえるでしょう。

浄土宗、浄土真宗それぞれ宗祖である二人の考え方は、法然が「念仏為本」、親鸞が「信心為本」といわれています。しかし、両者にそれほどの違いがあるわけではなかったようで、それは展示の中にあった絵伝「信行両座」が伝えています。親鸞が一門に、往生するためには「信=信心」と「行=念仏」のどちらが重要なのか、問うたのに対し、親鸞はじめ数名が「信」の座に着いたのですが、大方はどちらに座ろうか迷っていたところ、法然も「信」の座に着いたというエピソードです。もっとも浄土真宗側の絵伝のようではありますが。

「法然 生涯と芸術」で展示されていた法然上人絵伝(法然上人行状絵図)をはじめ、多くの絵伝が展示されています。文字は読めなくとも、ビジュアルによって多くのことが伝わってきます。これは、現代のプレゼンと一緒ですね。

企画段階ではまさか大震災に見舞われるとは思いもしなかったでしょうが、二人が生きた末法の世といわれた混乱の時代と現代には通じるものがありそうです。どう生きていくか、真剣に考えることも必要な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

【シネマレビュー】ステキな金縛り

先日の「探偵はBARにいる」に続き、何も考えずに楽しめる映画「ステキな金縛り」。宅建受験の疲れというより、仕事がパンク寸前なので、笑える映画が観たかったのです。

突飛な設定から奇想天外な展開が続く、いつもの三谷ワールドです。決してドタバタではなく、何気ない出来事が伏線としてちりばめられています。ただ、期待値が高くなっているせいか、ちょっと物足りなさも。。。「ラヂオの時間」が一番インパクトがあった気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

【アートレビュー】長谷川等伯と狩野派

本日は文化の日、出光美術館で開催中の「長谷川等伯と狩野派」展へ。

Index_ph005

昨年から「没後400年 特別展 長谷川等伯」「【アートレビュー】楓図桜図」など等伯に接する機会がありました。それと比較すると、今回は等伯の作品としては必ずしもメジャーなものはないかもしれません。ただ、狩野派と対比することで興味深いものになっていました。政治的には対立する関係にあった長谷川派と狩野派ですが、親近する絵画表現がありました。互いに影響することで芸術性を高めていったことがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »