« 【ブックレビュー】直江兼続 | トップページ | 診断士1年目の会 »

2010年2月11日 (木)

竜馬関連書籍の売れ行きは?

京都旅行での坂本龍馬の便乗商法について、以前投稿しましたが、今回は最近どこの書店にも置かれている龍馬本コーナーについてです。

昨年のNHK大河ドラマの主人公である直江兼続と比較すると、龍馬本の売れ行きは今ひとつのようです。コーナーの陳列点数が多く、カニバリ状態となっているのは昨年も同様。比較的“ライトマニアターゲットに向けた本”は好調のようなので、本格的マニアが購入していないことが原因でしょうか。やはり、龍馬の本を読んだことがある人が多いということでしょう。兼続に関する書籍は、大河ドラマとして注目を浴びるまでは、龍馬ほど出版されていなかった気がします。だから、自分も兼続本を読もうと思ったわけでしょう。

|

« 【ブックレビュー】直江兼続 | トップページ | 診断士1年目の会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ランキングからきました。
上田と申します。

坂本龍馬の名前に惹かれて最初の記事を読んでしまいました。

有名だからこそ、逆に売れない、
知らないからこそ買いたくなる、というのは、

言われてみるとその通りですが、
言われるまで気付かなかったです。

新鮮な視点ありがとうございました。
感謝の心をこめて応援のクリック×2していきます♪

他の記事も読みたい内容がありましたので、また訪問させて頂きます。

ありがとうございました!

投稿: 夢や目標を達成へと導く進化の法則@上田 | 2010年2月11日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543046/47469843

この記事へのトラックバック一覧です: 竜馬関連書籍の売れ行きは?:

« 【ブックレビュー】直江兼続 | トップページ | 診断士1年目の会 »